カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

乾燥肌と敏感肌の対処法は同じ

 

乾燥肌は肌がカサつき粉をふくなどして、メイクノリが悪くなっている状態です。

角質層に含まれる水分は正常な人は20%~30%を占めていますが、これは20%未満になると乾燥肌と見なすことができます。

敏感肌は乾燥に加えて肌がピリピリして赤みや痒みを伴う状態です。

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎と症状が似ています。

乾燥肌も敏感肌も皮脂と天然保湿因子、細胞間脂質によるバリア機能が低下することで起こります。

バリア機能が弱っていると大気中のホコリや紫外線などのダメージを強く受けるため、肌内部で常に炎症が起こり老け顔の原因になります。

年齢の割にホウレイ線やくすみ、毛穴の開きが目立つといった状態になりやすいので、乾燥肌や敏感肌の自覚がある人は対策しなければなりません。

肌のバリア機能を高めるには保湿が欠かせません。

特に保湿力が高いのはセラミドという保湿成分です。

セラミドに似せた成分もありますが、これはセラミドという名前が付いているだけで効果が異なります。

肌内部に水分を留めておくためには、セラミドの後に2や3、6、10のいずれかが書かれている成分を使った化粧品を使います。

セラミドを配合している化粧品の多くが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどその他の保湿成分も含んでいます。

香料や着色料などの添加物は敏感肌には適していません。

またアルコールは刺激が強く、乾燥を悪化させることもあるため、アルコールフリーを選びます。

皮脂の分泌を整えたり、シミの生成を抑制したりするビタミンC誘導体は一般的な美容成分ですが、肌のバリア機能が低下している人には刺激が強いことがあるため、肌の調子が良くなってから使います。

洗顔後は水分の蒸発が進むので、保湿成分を十分に含む化粧水をすぐにつけます。

コットンは肌への刺激になりやすいため、両手で優しく包み込むように浸透させます。

冬は乾燥しやすくクリームを塗っても物足りない時もありますが、カサついた場所だけ重ね塗りします。

 

 

ニキビ跡にならないためのスキンケア

 

思春期ニキビができる10歳代の若者から大人ニキビができる20歳以上の人まで、多くの人がニキビの悩みを抱えていますが、そんな人たちは、ニキビができてしまったのはしょうがないとして、その後、跡が残らないように綺麗に肌を改善したいと思っているのではないでしょうか。

では、どのようなスキンケアを施せばニキビ跡が残らない綺麗な肌に戻すことができるのでしょうか。

まず、ニキビができた部位やニキビがどの程度進行してしまったのかなどによっても異なってきますが、基本としては皮膚外側の炎症をなるべく早く抑え、皮膚の内側のダメージを回復させることが大切になってきます。

ぼこぼことクレーターのようなニキビ跡の場合には、肌内部の真皮までダメージを受けてしまったケースです。

実は、ここまでくると自宅での自身のスキンケアでは難しいのですが、真皮のコラーゲン組織をしっかりと治すことが必要になります。

皮膚科などでは、ピーリングを行ったり、コラーゲンやヒアルロン酸などの注射などでくぼみを盛り上げるようなケアが行われます。

色素沈着や赤みのような場合には、内側からはビタミンCを積極的に摂取して肌細胞の生まれ変わるサイクルのターンオーバーを促すことが必要です。

外側からは過度な刺激を与えないように注意しながら適度な洗顔としっかりとした保湿が必要です。

特に、背中などにできるニキビは自分では気が付きにくいので、入浴時に体を洗う時に傷つけないように十分に注意しなければなりません。

知らないうちに強く擦って傷つけてしまったニキビが、傷口から炎症を起こしてしまうと、ニキビ跡やシミになって残る場合があります。

体を洗う時は硬いナイロンのタオルやボディブラシは避けて、優しく洗えるように柔らかな綿タオルを使い、また、ニキビに悪影響を与えないように油分の多いボディソープよりも、余分な成分を含んでいないシンプルな固形石鹸がオススメです。

そして、毎日、6時間以上の十分な睡眠を確保し、栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活習慣も大切です。

こうした生活習慣はスキンケアにとって、とても重要ですので、今までの生活習慣を見直して美肌のための規則正しい生活を送れるように心掛けましょう。