作成者別アーカイブ: narasan

目の疲れを解消してくれる栄養素は・・・

 

1日中、パソコンに向かって仕事している人は、大変目を酷使しているため、目の疲れをかなり感じていると思います。

仕事が終わり帰宅した頃に、目がズキズキと痛む苦しみを経験している人は多いのではないでしょうか。

しかし、目の疲れだけでなく、全身に痛みや疲れを感じ、さらに、精神的ストレスもあらわれるという「VDT症候群」に陥っている人も増えています。

VDTとは、視覚表示端末(Visual Display Terminal)の略で、VDT症候群とは、パソコンなどを使う作業によって起こるさまざまな心身の不調のことです。

パソコン作業は、モニターやキーボード、書類などを見ながら行うので、焦点を合わせるために、それぞれの距離にあわせて調節しなければなりません。

この調整が目にかなりの負担をかけ、さらに、モニターの高速で点滅する光が、瞳孔の大きさを調節する筋肉にも負担をかけます。

これらの過剰な働きが、目から脳や神経にまで疲れが伝わることになります。

その結果、目の痛み、目の奥が重い、光に敏感になってまぶしいなどの眼精疲労、そして、肩や首がこるなど、さまざまな症状があらわれます。

こうした目の疲れを解消するには、パソコン周辺の明るさを調整したり、視線が少し下向きになるようにモニターを設定したり、1時間以上作業を続けないなど、目にできるだけ負担がかからないようにパソコン環境を整えることが必要です。

もし、「目が疲れた・・・」と感じたら、目の周りの血行を良くするためにマッサージやツボ押しをオススメします。

そして、目の疲れを解消してくれる栄養素がたくさんあるので、それらを積極的に摂取して、少しでも目の疲れを解消するようにしましょう。

その中で、最もよく知られているのが、やはり、ブルーベリーや赤ワインなどに含まれているアントシアニンではないでしょうか。

さらに、ニンジンなどに含まれるβカロチンやレバーなどに含まれるレチノールなどが、目に効く栄養素とされています。

その他に、たくさんありますが、毎日の食事で、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの4種類も合わせて、しっかりと摂取すれば目の健康が保たれます。

しかし、実際に、毎日の食事で、ある程度の量のブルーベリーなどを食べるのは難しいので、サプリメントを使うととても便利です。

例えば、やわたのブルーベリー「北の国から届いたブルーベリー」は、人気で、アントシアニンを含むビルベリーやカシスをはじめ、その他、たっぷりと健康成分が配合されたサプリメントです。

 

食生活を見直してニキビ予防

 

ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃には女性ホルモンが乱れることから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。

さらに妊娠に伴った精神的ストレスもニキビが出来てしまう原因になります。

ですが、だからといって、抗生剤等は使用できません。

ホルモンバランスを正しく整えられるように、とにかくリラックスをして、休養するようにしましょう。

ニキビにヨーグルトは良いものではないと言われていたり、逆に良いと言われたりとしますが、こうした情報の真偽とは決して定かではありません。

実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけるようにすれば、ニキビを予防することへと繋がると感じます。

ニキビと食事は切っても切れないほどつながっています。

食生活を見直すことはニキビに良い影響を与えることになります。

食事は野菜を中心にしたメニューにして、できるだけビタミンやミネラルを取り入れて、栄養バランスをしっかりと考え、1日、朝、昼、晩の3食を規則正しく摂るようにしましょう。

野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消にもつながることから、ニキビを減らす効果があります。

また、ニキビをケアする洗顔料や化粧水など、ニキビに効果的と謳われている商品がドラッグストアなどで販売されています。

しかし、品数が豊富にあるため、自身のニキビに合った商品を探し出すのは至難の業です。

サンプル品などがあれば試供品を一度試してから自分のスキンケア用品として「肌に合っていたら買う」というようにするとベストだと思います。

そして、ニキビが悪化すると、固く新を持ったような状態でになり、触れると痛いといった症状が表れます。

ニキビが出来た場合、なんとなくその箇所を確かめたくて触りたくなってしまいますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにしてください。