月別アーカイブ: 2016年9月

頭皮のケアはシャンプーから

 

薄毛や抜け毛などの髪のお悩みを抱える女性は大勢いらっしゃいます。

そんな髪の対策として、最初に育毛剤の使用を考える女性は多いと思いますが、女性の場合、頭皮環境が大きく影響します。

頭皮が清潔で健康的な環境状態を保てれば、元気な髪が育つというわけです。

そこで、頭皮のケアの基本としては、まずは正しいシャンプー法が重要になります。

正しい洗い方をしないと、逆に頭皮や髪の毛を傷めてしまいます。

まずシャンプーをつける前にブラッシングをしましょう。

これをすることで髪の毛についたほこりなどが浮き上がり洗った時に落ちやすくなります。

髪の毛をお湯で濡らしたらシャンプーをつけます。

しかし、直につけてはいけまません。

しっかりと手で泡立ててからつけましょう。

髪の毛を洗うのではなく、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

シャンプーを流すときは念入りに流しましょう。

終わったと思ってから、もう一度やり直すぐらいの気持ちでもいいでしょう。

次にリンスをつけます。

つける前に軽くタオルで水分を落としましょう。

シャンプーは頭皮につけるものですがリンスは逆で髪の毛につけるものです。

リンスが頭皮につくと油分が詰まり毛穴が塞がってしまうので、シャンプーをした意味がなくなってしまいます。

髪の毛をいくつかの束に分けて一つずつに練りこむようにつけましょう。

リンスを流すときはあまり手を使わずにシャワーの水圧で優しく流しましょう。

お風呂から出たらドライヤーです。

ドライヤーはとても大事な役割を果たします。

髪の毛や頭皮が濡れていると、金やカビが繁殖しやすくなり、臭くなってしまうことがあります。

ドライヤーをあてるときは、冷風を使いましょう。

髪の毛や頭皮は熱に弱いので、熱風で乾かしてはいけません。

髪から15センチ~20センチぐらいをキープしましょう。

また、同じところにばかり風が当たらないようにドライヤーを揺らしながらやるとより良いでしょう。

髪が乾いてきたら、最後にもう一度ブラッシングです。

ブラッシングは、乾かしている途中ではなく、完全に乾いた後にやるようにしましょう。

このように、頭皮や髪の毛を健康に保つためには、まず、正しいシャンプーの仕方を身につけることが重要です。

すぐには変化が分からないかもしれませんが、これを毎日続けていくと髪がサラサラになったりと、次第に効果が実感できるようになります。

また、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、夜更かしは避けて十分な睡眠時間を確保し、ストレスを溜めないなど、規則正しい生活習慣を送ることも必要です。