ニキビ跡にならないためのスキンケア

 

思春期ニキビができる10歳代の若者から大人ニキビができる20歳以上の人まで、多くの人がニキビの悩みを抱えていますが、そんな人たちは、ニキビができてしまったのはしょうがないとして、その後、跡が残らないように綺麗に肌を改善したいと思っているのではないでしょうか。

では、どのようなスキンケアを施せばニキビ跡が残らない綺麗な肌に戻すことができるのでしょうか。

まず、ニキビができた部位やニキビがどの程度進行してしまったのかなどによっても異なってきますが、基本としては皮膚外側の炎症をなるべく早く抑え、皮膚の内側のダメージを回復させることが大切になってきます。

ぼこぼことクレーターのようなニキビ跡の場合には、肌内部の真皮までダメージを受けてしまったケースです。

実は、ここまでくると自宅での自身のスキンケアでは難しいのですが、真皮のコラーゲン組織をしっかりと治すことが必要になります。

皮膚科などでは、ピーリングを行ったり、コラーゲンやヒアルロン酸などの注射などでくぼみを盛り上げるようなケアが行われます。

色素沈着や赤みのような場合には、内側からはビタミンCを積極的に摂取して肌細胞の生まれ変わるサイクルのターンオーバーを促すことが必要です。

外側からは過度な刺激を与えないように注意しながら適度な洗顔としっかりとした保湿が必要です。

特に、背中などにできるニキビは自分では気が付きにくいので、入浴時に体を洗う時に傷つけないように十分に注意しなければなりません。

知らないうちに強く擦って傷つけてしまったニキビが、傷口から炎症を起こしてしまうと、ニキビ跡やシミになって残る場合があります。

体を洗う時は硬いナイロンのタオルやボディブラシは避けて、優しく洗えるように柔らかな綿タオルを使い、また、ニキビに悪影響を与えないように油分の多いボディソープよりも、余分な成分を含んでいないシンプルな固形石鹸がオススメです。

そして、毎日、6時間以上の十分な睡眠を確保し、栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活習慣も大切です。

こうした生活習慣はスキンケアにとって、とても重要ですので、今までの生活習慣を見直して美肌のための規則正しい生活を送れるように心掛けましょう。